HOME > スタッフ紹介

スタッフ紹介

PHOTO

介護は厳しい仕事でしょうか。いいえ、そうではないと私たちは考えます。人と人とのつながりを通して、喜びを共有し、感動をいただく仕事。それがセレーノ総社にとっての介護です!

Introduction

PHOTO

西村桜子/地域包括支援センター

もともと病院で相談員をしていた私ですが、入院患者および外来患者の支援にとどまらず、より地域の方々に寄り添った支援をしたいと思いこの仕事に就きました。入職からこれまで、新しい仕事内容に戸惑い悩むこともありますが、分からないことはその都度明るく丁寧に教えてくれる先輩方がいらっしゃるので、安心して仕事ができています。地域包括支援センター内だけでなく、通所介護や事務所・ケアハウス職員など他部署の先輩方からも温かな笑顔や声かけをいただき、日々力を分けてもらっています。また、セレーノ職員のみならず、ご利用者様やご家族から教えられることも多く、毎日が学びや発見の連続です。
今後、介護保険制度は大きな転換期を迎え、今までとは違った地域での役割が求められてくることになると思います。私も地域包括支援センターおよびセレーノ総社の一員として、地域に貢献できるよう努めていきたいです。

PHOTO

清野千香子/厨房

幼い頃から料理が好きで、食に関わる仕事に就きたいと考えていました。祖父の入院をきっかけに栄養について勉強するようになり、食事が楽しみの大きな部分を占める高齢者の方に、自分の得た知識や技術を使って、食事を作ってあげたいと思いこの仕事に就きました。
入社した頃は仕事に戸惑い、悩むことも多くありましたが、ご利用者様から「美味しかった」「ありがとう」と言われることはとてもやりがいを感じ励みになりました。また、その都度指導してくださる先輩方のおかげで少しずつ仕事にも慣れ、毎日楽しく仕事ができています。
お花見弁当やクリスマスなどの季節膳は作業に時間がかかり大変なこともありますが、季節に合わせた食事を提供することで施設にいても季節を感じていただけ、何より楽しく召し上がっていただけると思っています。
食の安全はもちろんのこと、これからも楽しい食事を目指し努力していきます。

PHOTO

糸島竜也/特別養護老人ホーム・ショートステイ

私の母は看護師として介護に従事しており、幼い頃から「介護は大変だけどとてもやりがいのある仕事だよ」と聞かされていました。母から話を聞くうちに私も介護に興味を持ち始め、福祉系の大学を卒業しこの仕事に就きました。
介護の経験がない私には最初は戸惑いがありましたが、一つ一つ丁寧に教えて下さる先輩方に支えられ、今では自分自身この仕事に「やりがい」を感じています。日々の介護の中で利用者の方とコミュニケーションを取り、名前を覚えて頂ける嬉しさや、「ありがとう」の一言が私の原動力になっています。
今後は、ご利用者はもちろんご家族ともコミュニケーションを積極的に取り、信頼関係を築き、より良い雰囲気作りを忘れず、気軽に話しやすい職員になりたいと思っています。また、質の高い介護を提供できるようにスキルアップも頑張っていきたいと思います。

PHOTO

森脇 愛/特別養護老人ホーム(看護スタッフ)

母が看護師だった影響で看護師の免許を取りましたが、しばらく看護の現場から離れていました。ここで働くことを決めたのは、入居者の方との心のふれあいを大切にしたいという理由からでしたが、介護度の高い方も多く、急変時などの対応では責任の重さをひしひしと感じます。さまざまな経験を経て、個々の疾患のことだけではなく、お一人ひとりとじっくり接していくことで安心につながるサポートを目指し、「家庭のような生活」「笑顔の多い生活」を支える一人のスタッフとしての意識も強まってきました。
入居者や利用者だけでなく、ご家族にとっても家庭のような場であってほしい。そんな気持ちから日頃からコミュニケーションを大切にし、世間話の延長のように気軽に相談をしていただける雰囲気作りを心がけています。また、意思疎通の難しい入居者の方にも積極的に声をかけ、理解を深める努力もしています。
職場の先輩方と同様に、今では看護師の母も私の力強い存在となりました。仕事の領域は違えど介護の先輩として学ぶことは多く、会話が増えたのはうれしいことです。

PHOTO

ベトナム人介護福祉士候補者

<ズオン・ティ・トゥ>

平成26年の6月に日本に来て、8月からセレーノ総社で仕事をしています。日本の文化とベトナムの文化が違うので困るときもありますが、世界の国のどこに行っても同じことです。楽しみながら日本の文化に慣れていきたいです。3年後の国家試験に向けて、日本語も仕事も一生懸命頑張ります。

<グエン・ティ・ニュオン>

私は介護福祉士になりたいので、日本語と専門的な言葉を一生懸命勉強しています。また、ベトナムにいる家族の為にも早く仕事を覚えたいです。日本の桜をとても楽しみにしています。花見をしながらお酒を飲みたいです。みなさんよろしくお願いします。

<タインヌ・ホン・ヴァン>

私はベトナムの中南部出身なので、日本に来て驚いたことがあります。日本には四季があり、街の中に緑や花が多いこと。とても素晴らしいことだと思います。また、介護の仕事は大変なことだと知りました。でも、利用者さんの笑顔と「ありがとう」の言葉は本当に嬉しいです。これからも頑張ります。

PHOTO

フィリピン人介護福祉士候補者

<マダリコ・ジョシー>

私は第6期のEPAフィリピン人候補者です。セレーノ総社で3年間勉強しながら働きます。日本には様々な習慣があり、まだまだ慣れません。でも、毎日楽しみにしています。これから大変なことがたくさんあると思いますが、ご利用者さんには心を込めて自分の家族のように介護したいと思います。

<チェリー・チン・ヒングピット>

日本は技術、環境、人々どれをとっても良い国です。ここで働けることは光栄ですが簡単ではありません。特に日本語が難しく、まだまだ上手ではありません。しかし、介護福祉士を取得する上で障害にならないと私は信じています。仕事では大変なことがたくさんありますが、恩師に言われた「Tender Loving Care」を忘れず頑張ります。

<カモロンガン・エレイン>

日本に来て色々なことを学ぶことができ私は本当に嬉しいです。
大変なこともたくさんありますが楽しみにしています。家族と離れているのでご利用者さんを家族と思いお世話をしています。日本は難しくなかなか通じませんが、私の心からのケアをご利用者に提供したいと思います。

<ジョアン・バラド>

私は平成27年の12月からシルバーセンターセレーノ総社で働きはじめました。日本は文化や伝統がたくさんあるだけでなく、マナーが素晴らしく本当に面白いです。日本語はとても難しいですが、私の3年間の目標は、施設の先輩の助けを借りながら、思いやりと尊厳に満ちたケアをご利用者に提供することです。頑張りたいと思います。

このページの先頭へ